パーマネント 事始め

パーマネントは1905年(明治38年)、ドイツ人のチャーチル・ネッスルさんが発案しました。ホウ砂と加熱器具を用いてウエーブをつくるもので、ネッスルウェーブといわれます。このネッスルウェーブ、施術時間が長時間だったため普及しませんでした。

続きを読む パーマネント 事始め