有職故実の復活に尽力した光格天皇

江戸時代、光格天皇という天皇がいた。
この光格天皇、長年、途絶えていた朝廷行事を復活させたり、宮中の建造物を再建させたりした天皇として知られる。朝廷行事の再興は、有職故実の復活にもつながった。
いま古式の装束で行う宮中行事は、即位式と婚礼の儀ぐらいしかない。婚礼式は和洋折衷で行われている。和式で婚礼の儀を行ったあと、洋装の騎馬隊とともに、洋式の馬車に乗って行進する。

続きを読む 有職故実の復活に尽力した光格天皇