冠・烏帽子と月代の関係

大陸の律令制度が8世紀初頭、大宝律令として整って、日本に冠をつける習慣が定着した。冠の下は、髷を結って冠の巾子(こじ)の部分におさめた。こうして冠の来朝とともに、髷を結う風習が生まれた。

冠・烏帽子。上・冠。左側の垂れているのをエイという。直上した巾子(こじ)に髷をおさめた。中・揉烏帽子。下は折り烏帽子(侍烏帽子ともいう)。冠・烏帽子は時代によって様々な種類、デザイン、素材のものがある
冠・烏帽子。上・冠。左側の垂れているのをエイという。直上した巾子(こじ)に髷をおさめた。中・揉烏帽子。下は折り烏帽子(侍烏帽子ともいう)。冠・烏帽子は時代によって様々な種類、デザイン、素材のものがある

冠下一髷(冠下の髻ともいう)といわれる髷で、髻を幾重にも巻いて、ほぼ垂直上に結った。これに髪差(かんざし)を1本左右に通した絵は多く残っていて、冠下一髷が冠を固定する役割をしたものと推測される。

冠は、朝廷儀式など公的な場での冠り物で、普段は烏帽子をつけていた。
平安時代、冠り物は日常生活での必需品になり、公家は寝ているときも外さなかった。ましてや人前に出るときは必ずかぶった。

冠り物をつける風習は庶民にも広がり、成人男子は外出するときは必ず装着した。庶民がかぶるのは揉烏帽子で、烏帽子の下は、茶筅髷や、髻が少なくてすむたぶさ、束髪にしていたと推測される。
成人した男性でも、烏帽子をかぶらないで、ザンバラ髪にしていれば童(わらわ)扱いだった。当時、冠り物は、一人前の男子の象徴でもあった。

一方、月代は、すでに平安時代末期、源平の武士の一部が合戦のときにした。兜で頭が蒸れて、上せるのを防ぐために月代にした。
剃刀は、6世紀中ごろ仏教の伝来とともに仏具の一つとして伝わっていたが、源平の武士は、木製の毛抜き(シュスという)で月代にした。かなりな苦行だったろうが、生死をかけた戦を前にし、死ぬ思いで抜いたのだろう。
この時代の月代は、江戸時代のものと違い、平時の時は冠をかぶるので、前髪は残して頭頂部だけを抜いた月代だった。一見、カッパ風である。

時代は下り、応仁の乱から戦国時代になると、日本国中、合戦が頻繁に行われた。一時の月代ではなく、常時月代だった。この当時はさすがに毛抜きではなく、剃刀で月代を剃るようになり、しかも頭頂部だけでなく、前頭部も剃るようになった。前頭部を剃ると、冠や烏帽子が不自然になり、冠や烏帽子をかぶる風習は薄れた。
冠・烏帽子をかぶらないのを露頂というが、戦国時代末期には露頂が普通になった。

露頂が普通になるとともに、月代が日常化した。月代が日常化した背景には、剃刀の普及もある。
露頂が普通になったといって、冠がなくなったわけではない。武家は、武家の作法として階位などに関する行事では冠をつけた。ただし、江戸時代、武家がかぶった冠は当時の髷に対応した折り烏帽子で、武家独自のものだった。

そして江戸時代、月代と髷によって、世界でも類をみない、日本独自の男子髪形文化が展開されるのである。

丘圭・著