鼈甲櫛のはなし

江戸時代、櫛は梳かすだけでなく、簪や笄とともに頭飾品としても使われました。ツゲなどの木製の櫛に蒔絵を描いて飾り櫛にすることが多いのですが、裕福な女性は高価な鼈甲製の櫛を使ってました。

利休櫛といわれる飾り櫛があります。背が厚く両端は切り落としてますが、楕円の背の櫛です。この利休櫛について「近世風俗志」の喜田川守貞さんは、木製のものはなく鼈甲製だけ、と書いています。

鼈甲のことをタイマイともいいますが、いまでは鼈甲のほうが通りがいいようです。
江戸時代は、方言が多く地域によって呼び方が違うことが多いので、日本髪のタボ(江戸)とツト(上方)と同様、鼈甲とタイマイもその類かと思っていたのですが、それは間違いでした。

タイマイは海亀の甲羅からとったものです。鼈甲はというと、厳密にいうとスッポン亀の甲羅です。タイマイはいまでは国際流通が禁止されていますが、江戸時代も珍品で高価なものでした。贅沢を取り締まった幕府はたびたびタイマイ製品の使用を禁止しました。

ところが庶民は、タイマイ製の櫛を鼈甲製と称して、何食わぬ顔で使っていたのでした。タイマイも鼈甲も似ているようですが、それにしてもお上も馬鹿にされたものです。たびたび禁止されたものですから、鼈甲と称することが多くなり、結局鼈甲がスタンダードになったのです。

飾り櫛が流行った江戸後期になると幕府の治世も緩んでいたようです。同様の理由で女髪結も禁止されるのですが、当座は自粛するものの、すぐに復活したのと同じです。

ところで、スッポンの甲羅で作った「本物」の鼈甲櫛は存在するのでしょうか? あったら拝見したいものです。

櫛関連の記事
「櫛の歴史は古い」
http://www.kamiyui.net/?p=56

丘圭・著