女子髪型の洋風化を避けた明治政府

幕末の動乱を経て誕生した明治政府は、洋風化を押しすすめます。その象徴の一つがザンギリ頭です。

ザンギリ頭をたたいてみれば文明開化の音がする
丁髷頭をたたいてみれば、因循姑息な音がする
と政府が音頭をとって俗謡を広めました。

洋風化は、軍隊をはじめ政治、経済、教育、文化などあらゆる面で推しすすめられました。頭髪や服装は、生活に密着した身近な存在だけに、その象徴としての役割を果たしました。

ところが女子の髪型は洋風化されませんでした。断髪令が出されたの翌年の明治5年に女子の断髪禁止令を布達しています。
洋風化を国の基本とするなら、女子も洋風化して、シニオンノットなどの結髪やポニーテールなどの西洋髪型にしてもおかしくありません。このほうが手間暇かからず合理的で清潔です。まさに明治政府がすすめる近代化にふさわしい風俗といえます。ことろが、明治政府は女子の髪型の洋風化を避けました。

江戸時代から続く女子の風習で明治政府が廃止したのは、お歯黒です。このお歯黒、男子の丁髷と同様、すぐに廃れることはなく、明治の中ごろまでお歯黒にしていた女性がいました。

なぜ、女子の髪型が江戸時代のまま存続したのでしょうか?
理由はいろいろ考えられます。
一つは、男子のようなザンギリの断髪姿は、娼婦を連想させる、というものです。明治4年の断髪令を受けて断髪した女子を批判した当時の新聞は、「まるで娼婦のようだ」と書き立て非難しました。昔の白拍子や遊女歌舞伎で男装していたことを踏まえての批判といえます。

一つは、江戸時代の賤民層である非人の女子は日本髪を結っていなかったからというものです。非人の女子は、根結の髻(ポニーテールに近い)や禿がしていたボブヘアに近い髪型に洒落た衣服をまとい門付芸などをして、時には春も売っていたといいます。しかし、これは非人の男子がザンギリだったのを考えると、理由にはなりません。

一つは、男子の丁髷と違って、女子の日本髪は諸外国の男性から評価が高かったからというものです。日本を訪れた西欧の男性は美しい日本女性に憧れ、非常に好意的に接しています。日本男子の評価とは大違いです。ですが、これは日本髪というより日本女性への評価で、その一部としての日本髪です。

一つは、髪質が考えられます。日本髪は直毛だから可能な髪型です。日本にも数パーセントいるウエーブ毛の女性が日本髪を結うのに大変な苦労したのが伝わっています。
直毛の女子が当時の西洋女子のしていた髪型にするのが難しいか、というと確かにウエーブ毛の方がまとめやすく整えやすいかもしれません。しかし、ウエーブ毛の女性が日本髪を結うほどの困難さはありません。当時の整髪料の事情を考慮しても、いまほど簡単ではにしろ、できなくはありません。

いろいろな理由を思いつくままにピックアップしてみましたが、どれも誰もが納得できる理由ではありません。

もう一つ考えられるのは、明治政府の意向です。富国強兵を目指した新政府は、男子は皆兵、女子は銃後を守る存在にしたかった。
江戸時代の女性は、三行半にあらわされるように男子に隷属的に扱われていた、というのは明治になってから強調されたことです。

江戸時代に書かれた日記などをみると、女子はそれなりに元気で闊達でした。男子を采配しているケースも見受けられ、奥方に戦々恐々としている亭主も多くいます。21世紀のいまとあまり変わりません。
前述の三行半にしても、亭主に書かせて再婚相手のもとに走る女性も少なからず存在します。三行半は、再婚許可証の役目も果たしていました。もちろん、駆け込み寺で知られる東慶寺に逃げ込む女性がいたのも事実です。

明治政府は江戸時代の女性が男性に隷属していたことをあえて強調し、そのイメージを引き継ぐものとして日本髪を扱ったのかもしれません。男尊女卑の思想は明治期になって広く浸透したようです。
娘時代は父に、嫁いだら夫に、老いたら息子に従う、というのは、もともとは仏教の教えといいますが、それがことさら強調されたのは明治期になってからです。この思想は大正、戦前の昭和まで引き継がれています。

富国強兵を目指した明治政府が取り入れた男尊女卑思想の象徴として、日本髪が存続したといえます。

江戸時代の女性は、当時の書物や事績を見ればとても元気闊達、好奇心旺盛なのがわかります。幕末期のことですが、横浜の外国人居留地の隣接地に住む武家の奥方は女性だけで居留地の外人宅を見学に訪れたり、四国の大名夫人は藩の舟を仕立てて、こちらも女性だけで外国船に乗り込んだりと、その元気ぶりに圧倒されます。

三行半、「娘時代は父に、嫁いだら亭主に、老いたら息子に」などは無縁の江戸時代の女性たちです。

丘圭・著

【関連記事】
断髪令とは「散髪制服略服脱刀共為勝手事」
http://www.kamiyui.net/?p=139

理美容 事始め
http://www.kamiyui.net/?p=116

女子髪型の洋風化を避けた明治政府」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。