日本初の石鹸製造は堤磯右衛門さん

日本に石鹸が普及したのは明治後期ごろといわれています。石鹸を使うようになって、衛生面で人びとの生活は飛躍的に向上しました。

それまで日本髪を整形するために使う鬢付け油をきれいに洗い流すことは困難でしたが、石鹸、シャンプーが登場し衛生的になりました。

江戸時代は洗い粉を使っていました(『女重宝記』)。主に小麦の麩、小糠です。前者は小麦、後者は米から出る表皮のクズです。このほか小豆の粉なども洗い粉として使われていました。小豆の粉は美肌にいいとされ、富裕層の女性が使っていました。
また、ひどい汚れの場合は軽石で汚れをそぎ取っていました。

江戸時代以前は、ムクロジ(無患子)や、くゆるぎという米の研ぎ汁を洗剤代わりに利用していました。いずれも植物性のものですが、洗浄力は石鹸に比べると、格段に劣るのは仕方ありません。
髪を洗うのは月に1回か2回ほどです。普段は髪を梳いて髪に付着した汚れを落とす程度で済ませていました。石鹸が普及するまでは、衛生的とはいえない生活をおくっていました。

石鹸は戦国時代に来日したポルトガル人、スペイン人によって伝えられています。サボン、シャボンという言葉も伝わりましたが、実際に使った人は限られた人だけです。

日本で石鹸を最初に製造したのは堤磯右衛門さん(天保4年/1833~明治24年/1891)です。「○○ことはじめ」はやはり横浜です。明治6年(1873)、現在の横浜市現在の南区万世町で製造した石鹸が初の国産石鹸といわれています。この石鹸は品質がいま一つで洗濯石鹸として使われましたが、翌年には化粧石鹸の開発に成功し、販売しています。

磯右衛門さんは横浜・磯子の旧家の出です。慶応2年(1866)、横須賀製鉄所(後の横須賀海軍工廠)の建設に携わったとき、指導者のフランス人技官が石鹸を使うのを見て、その効用を知りました。これをきっかけに、独自に研究を重ねて国産石鹸を開発しました。堤家には研究に何年間も明け暮れる磯右衛門さんに腹を立てた妻が、実験中の釜の中に塩を投げ入れたら偶然石鹸ができた、と伝わっています。塩をまく、つまり厄払いです。

「堤石鹸製造所」の製造した石鹸は明治10年頃には陸軍や海軍にも納入され、苦しかった会社経営も軌道に乗り、また各地の博覧会で賞を受賞するなど「堤石鹸製造所」の石鹸製造は評価されます。磯右衛門さんは各地からの研修生を迎え入れ、製造技術の指導をしています。日本で最初に就業規則を作ったのも、堤石鹸製造所です。

ところが、明治10年代後半になると同業者が増え、堤家に伝わる話では、「TSUTSUMI」石鹸を名乗る粗悪品の偽物が横行し経営が悪化した、といいます。そして、明治23年に製造を中止します。翌年にはインフルエンザのため磯右衛門さんが急死し、堤石鹸製造所は一代で幕を下ろします。

一代で終わった堤石鹸製造所ですが、ここから巣立った石鹸製造の技術者は花王やライオン、資生堂など、いまに続く会社に技術者と迎え入れられ活躍したといいます。

丘圭・著