大正9年「理髪理容業者」事情

理髪7万、理容1万、髪結6万
大正9年(1920年)国勢調査より
わが国初の国勢調査は1920年(大正9年)に行われています。その調査に「理髪理容業者」という職種区分があり、男性7万4749人、女性7万1114人と記載されています。

「理髪理容業者」には、男性を相手にしてた理髪業、女性の西洋髪や美顔術などを行う理容業、そして庇髪や島田や銀杏返しなどの日本髪をしていた髪結が含まれていると思われます。

理髪業は、いまの理容業に近い。当時の理容業はいまの美容業に近いイメージです。ややこしくて、紛らわしい。
明治4年の断髪令後、じょじょに断髪が浸透し、明治20年ごろには男性の98%が断髪したといいます。江戸時代の髪結床の多くは理髪業へと転業しました。
1906年(明治39年)に設立された日本美髪会は、当時の理髪業者の業界団体です。同会が1912年(大正元年)に発行した『男女理髪名鑑』に理髪業者として女性理髪師が掲載されていて、理髪業に女性が進出してたのがわかります。

明治後期ごろから理髪理容学校が開校します。明治理髪学校、大阪理髪学校(いづれも明治43年)、大正2年に開校した東京女子美髪学校、美容講習所は当時の女性客相手の技術や知識を指導する、女子のための理容学校です。その後続々と理髪学校、理容学校が誕生しています。

女子の髪型は断髪令とは無縁で、明治になっても日本髪が結われていました。江戸時代は公許されていなかった髪結職は明治になると女性の少ない職業の一つとして注目されます。明治18年には日本髪の不合理で、不衛生な面が糾弾され、日本髪を簡略にし洋髪のデザインも取り入れた束髪の普及運動が展開され、庇髪などが流行ります。また鹿鳴館に代表される洋装化も起こり、女性の洋髪も注目されますが、これはごく一部の上流階級の婦女子に限った話です。

その後明治後期になると、洋風化の反動から再び国風の日本髪が見直され、島田髷や銀杏返しなどの江戸後期に流行った日本髪をする女性が増えます。また、既婚女性のお歯黒や眉剃りも復活します。
さらにマーセルアイロンが入ってきて、ウエーブをあしらった洋髪が若い女性から人気を集めます。明治後期から大正期の女性の髪形、風俗はまさに百花繚乱。和・洋、新・旧入り乱れての髪形文化、服飾文化が展開されます。

業界誌『くろかみ』(のちの『しんびよう』)が創刊されたのは大正8年のことです。この時期、日本の女性のヘアスタイルは百花繚乱の様相でしたが、やがて和から洋へ転換する洋風化の黎明期だったともいえます。

国勢調査が行われた大正9年には、女性理髪師がいたことは間違いありません。また女性の洋髪や美顔術を行う女性理容師もいましたが、数は多くはありません。7万有余人の女性理髪師理容師の多くは女髪結と考えるのが妥当です。

幕府から公許されてはいない女髪結でしたが、幕末には庶民から必要とされる職業になっていました。しかし、正確な髪結の数は不詳です。
明治12年に東京府下の女髪結が『女髪結職取締請願書』を府に願い出ています。この請願書に東京府下の女髪結が5千人いると記されています。また大正13年には東京の髪結業者が9882人を数えることから、大正9年当時、全国にはおおよそ5万から6万の女髪結がいたと考えられます。

「理髪理容業者」 男性7万4749人、女性7万1114人。これを細分化した職業ごと、男女別に推測すると
理髪業者:男性7万人、女性若干名
理容業者:男性若干名、女性1万人
髪結:男性若干名、女性6万人
といったところでしょうか?

丘圭・著