芝山兼太郎さんとマッサージ

明治時代、忘れてはならない業界人の一人に芝山兼太郎さんがいます。米国医学教授のDr. W・キャンブルーさんにマッサージを学び、日本に美顔術として普及させた人です。日本のエステティック、ビューティセラピーのもとを拓いた人といえます。

芝山さんは、幕末から明治維新にかけて横浜に停泊した外国船で理髪の技術を学んだ先人の一人、松本定吉さんから理髪の技術を学び、明治28年(1895年)に横浜山下町105番に「日の出軒」を開業しました。2年後には山下町31番に、外国婦人専門サロン「パレス・トイレット・サロン」を開業しています。外国人相手とはいえ、日本における美容室の創始の可能性が高そうです。

芝山さんがキャンブルーさんにマッサージを学んだのは、明治38年(1905年)です。血行療法にもとづく科学的なマッサージ法で、芝山さんはこのマッサージを美顔術として普及させるために奔走します。

ところがこのマッサージに異を唱えたのが、按摩を職とする人たちです。芝山さんは西洋のマッサージと日本の按摩は違うことを説明するのですが、なかなか納得してもらえなかったといいます。按摩職の人は盲目者が多く、職業の侵害は死活問題だとして反対したのです。

江戸時代、盲目の人は座頭と呼ばれていました。幕府は按摩の仕事を座頭に限ることで、座頭の生活を守ったのです。江戸から明治になり政治体制は大きく変容しましたが、日本髪や和服などを含め人々の生活は江戸の延長線にありました。明治になっても盲目の人の多くが按摩を職として生活していました。

江戸時代には非人といわれる身分がありました。彼らの多くは正業につくことができない人で精神的な病を抱えていたかもしれません。彼らは死体の処理や道の清掃、川さらい、あるいは野非人狩りなどの治安を担わされていました。座頭の按摩にしろ、非人にあてがわれた仕事にしろ、ある意味、弱者救済の一面があったと思われます。

ところで、盲人から猛反発された美顔マッサージでしたが、芝山さんが亡くなったとき、大勢の盲人が弔いに駆けつけたといいます。芝山さんと盲人との間でどんなやりとりあったかはわかりませんが、盲人に慕われる存在になっていたといいます。

丘圭・著