蘭学の知識で脱色?した平賀源内さん

エレキテルで有名な平賀源内さん(亨保13年/1728-安永8年/1780)は、奇人の部類に入る人といえます。本草学者、蘭学者、地質学者、医者、殖産事業家、戯作者などさまざまな肩書のある偉い人で、当時の多くの著名人と交流しています。

源内さん、静電気のエレキテルのほかに、各地で鉱山開発したり、物産博覧会を開くなどさまざな功績を残しています。土用の丑の日にウナギを食べる風習を作った人、アルコール温度計を作った人などとしても知られています。

その中の一つに、ヘアブリーチがあります。脱色です。
当時、大寺院だった、本所の回向院の門前は大いに賑わっていました。長野善光寺の阿弥陀如来の御開帳ともなれば、大勢の人が押し寄せます。そんな御開帳の日に、源内さんは「南無阿弥陀仏」の文字が浮き出た牛を「名号牛」と命名し、見世物にしたところ大人気で一儲けしたという話があります。

脱色するには、いまなら過硫酸アンモニウム、過硫酸カリウムと過酸化水素水を主成分にして使います。源内さんはどんな用剤を用いたのかは不明ですが、蘭学を通して西洋の知識があった源内さんは当時の方法で脱色したのかもしれません。西洋では獣毛を脱色、染毛するなど加工して服や絨毯などに活用していました。

源内さんの「名号牛」は黒牛だったそうで、「南無阿弥陀仏」に脱色した状態で見世物にしたのでしょう。

この話は、源内さんのほかに烏亭焉馬(うていえんば、寛保3年/1743-文政5年/1822)さんという人と二人で仕組んだそうです。焉馬さんは戯作者、浄瑠璃作家で、本職は大工の棟梁です。当時低迷していた江戸落語を盛り上げた、落語・中興の祖ともいわれる人です。

焉馬さんの洒落っ気と源内さん蘭学の知識で、「南無阿弥陀仏」の「名号牛」が誕生したといえそうです。

「名号牛」の話は『江戸の卵は1個400円!』(光文社新書)に掲載されている逸話で、著者の丸田勲さんは「ややインチキくさい見世物」として紹介してます。ただし、「名号牛」に関する出典の記述がないので、どの程度信頼できる逸話かは判断できません。

丘圭・著

蘭学の知識で脱色?した平賀源内さん」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。