「美容報国号」献納するも

「美容報国号」と名付けたゼロ戦を献納したことを前回紹介しましたが、献納する前年の昭和14年(1939)に、パーマネントの廃止が求められています。

内閣総理大臣が所轄する「国民精神総動員委員会」という組織が求めた生活刷新案に含まれていたもので、理美容関係では男子の長髪廃止も含まれていました。世の中が戦時色に移行している時期でした。

電気パーマネントの廃止が求められた業者は、国に従う方針を示し、パーマネントという敵性言葉を廃し、別の名称をひねり出しました。
江戸時代、庶民の奢侈が禁止され、ウミガメのタイマイで作る櫛や簪が禁止になりましたが、庶民は安価な亀で作るべっ甲製だと主張して、タイマイを使い続けたのと同じ発想です。
「美容報国号」を献納したのも、国に貢献することで、パーマネントの継続営業を期待した側面がありそうです。

電気パーマネントの業者がひねり出した名称は、東京の業者は「淑髪」でした。関西では、以前より電気パーマネントのことを「電髪」と呼んでいました。「淑髪」「電髪」、電気パーマネント、中身は同じです。電気パーマネントのことをいまでも「電髪」ということがありますが、「淑髪」は美しい言葉ですが、いまは死語です。

「国民精神総動員委員会」には、経済界、宗教界、官僚などさまざまな業界から委員が参加していますが、新聞社の役員も参加していて、盛んに電気パーマネント廃止を書き立て、国民あげてパーマネント廃絶が進みます。

戦時中は、電力の使用制限、金属の強制拠出、女子の軍需工場動員などで、電気パーマネントは途絶えます。しかし、オシャレをしたい女性はいます。木炭を抱えて技術者のもとに行き、こっそりとマルセルアイロンでパーマネントをかけた女性がいたといいます。極めてレアなケースですが、戦時中でも女性のオシャレ心は止められない。

写真は、昭和13年ごろのもの。お客さんの福々しい笑顔が印象的。当時の電気パーマネントは耐え難い熱さだったという。

丘圭・著