町方髪結仲間加入義務令

亨保の改革で組合仲間が認められた髪結床ですが、江戸町方で営業しているすべての髪結床が組合に入ったわけではありません。

組合仲間が認められる以前、営業許可にあたる「髪結職鑑札」が寛永17年(1640)に出され、さらに万治元年(1658)には「髪結株一町一株」制になっています。

一町に一軒の髪結株を持っている内床の多くは組合仲間に入ったかもしれません。しかし当時は、辻で仮設の床場で営業する出床(辻髪結)や、得意先を回り営業する回り髪結床も多くいて、彼らは組合仲間とは関係なく仕事をしていました。

「髪結株一町一株」は町の自治との関係が深く、株を所有していたのは町名主や町の土地持ち家主らです。彼らは腕のいい意中の髪結床に「髪結職鑑札」を買い与え、町内の髪結床に迎えて髪結仕事を任せていました。

もちろん、自ら「髪結職鑑札」の代金を払い、なおかつ株を買って髪結床を営業する者もいたと思います。土地持ちで髪結床番屋を建て、所有していた髪結床です。立派な町人です。髪結床に関しては、町内自治と職域組合仲間とが錯綜する関係が生じていたように思われます。

「髪結職鑑札」にしても、鑑札札を持たずに無札で営業していた髪結床もいた可能性は高い。無断営業の隠れ髪結、忍床屋です。「髪結職鑑札」は一種の税金です。毎年、髪結床は2両、仲立ちはその半額ほどを収め、「髪結職鑑札」を得ていました。さらに、駆け付け役の町役もしなければなりません。

「髪結職鑑札」を持って、髪結床の組合仲間に入ると、いろいろな負担が生じましたが、組合仲間に入らなければ町役はありません。まして無札の無断営業なら何の負担もなく、勝手です。
そんな無札の髪結床を取り締まったという記録はいまのところ見当たりません。辻髪結床の調査を行ったくらいです。

しかし江戸時代後期、天保6(1835)年12月7日に「町方髪結仲間加入義務令」(天保撰要類集・旧幕引継書/国立国会図書館 )の町触れ出され、町方で仕事をしている髪結床に組合仲間に入るよう求めます。
天保13年、髪結床の組合仲間解散令が出される7年前のことです。

丘圭・著